NOZOE KAZUKI OFFICIAL SITE

着うた配信サイト

PROFILE

野副一喜(ノゾエカズキ)
1985.4.19/B型
佐賀県在住

15歳 直感でギターを始める。
18歳 YAMAHA TMF 2003にて、自身初のオリジナル曲「まだ愛は語れない」で、佐賀大会・九州大会と勝ち進み全国大会に出場。
そこでの受賞は逃したがそれが自信となり、内定していた"庭師"を諦め音楽の世界へ進む決意をする。
19歳 デュオ、そしてバンドを結成するも、ソロ活動に戻り現在に至る。
この頃福岡に移住し活動するも、想像とは違う環境に違和感を感じ一年で佐賀に帰郷。
20〜21歳 ライブ・イベント等に出演する傍ら自身の経験を活かし、命の尊さを伝える活動「ナミダ雨講演」をスタート。精力的に各県の学校を回る活動に、メディアにも取り上げられる。
22歳 地元佐賀での初ワンマンライブ「Human Orchestra」では、ソロのアマチュアでは異例のおよそ300人を動員。
その後、念願だった沖縄へ移住。
23〜25歳 沖縄の音楽・文化・歴史・環境に興味を抱き海を渡るも、様々な壁にぶち当たり、思い通りにいかない毎日に自己嫌悪となり人生最大の挫折を味わうことになる。
結果、音楽を辞めることをも考えるほど落ちてしまう。
しかし、音楽活動より人間活動を優先することを決めこみ、そこでもう一度自身と向き合い沖縄を出ることを決断。
25〜26歳

再び佐賀へ帰郷。リスタートを誓い、本格的に活動を再開。
およそ6年ぶりとなる3rd maxi single「ONE by ONE」をリリース。
その後も活動を加速し、FNS九州8局をネットした番組「ドキュメント九州」では、一年に三度のピックアップを受ける。

<関連作品>
  • 「家族の絆でアパレル王へ」主題歌/挿入歌で参加(サガテレビ制作)
  • 「半径5メートルの広場〜福岡ストリートミュージシャン事情〜」密着特集(テレビ西日本制作)
  • 「大災害時のリーダーシップ〜沖縄で神様と呼ばれた男、十一代齋藤用之助〜」主題歌/挿入歌で参加(サガテレビ制作)
2011年11月、福岡で開催されている新人発掘オーディション「FUKUOKA Music Factory」にエントリーし、見事第5弾でグランプリを獲得。
27歳 グランプリ獲得がキッカケとなり、2012年12月19日自身初となる1st mini album「Chameleon」の全国発売が決定!!

楽歴

  • YAMAHA TMF 2003(佐賀大会グランプリ受賞)
  • YAMAHA TMF 2003(九州大会グランプリ受賞)
  • YAMAHA TMF 2003(全国大会出場)
  • 全国FM Festival佐賀県代表に選出(「最後のメロディー」が着うた配信)
  • 2005九州沖縄音楽祭(佐賀大会最優秀賞受賞)
  • 2005九州沖縄音楽祭(九州大会最優秀賞受賞)
  • KBCテレビV3新人オーディション(最終選考TV出演)
  • YAMAHA TMF 2006(九州大会出場)

沖縄移住後

  • 2008九州沖縄音楽祭(沖縄大会優秀賞受賞)
  • 第5回人権ラブソングコンテスト(優秀賞受賞)

帰佐後

  • FUKUOKA Music Factory第5弾(グランプリ受賞)
NOZOE KAZUKI - Chameleon

1st mini album『Chameleon』
2012/12/19
¥1,500 (tax in)